刀装具

粟穂図小柄・笄 二所物Sold Out

12073
12073
12073
12073
12073

荒木東明(文化14年~明治3年)は幕末明治の金工師。幼名は芳之進で、13歳にして後藤東乗に師事し、師の「東」の一文字を許されて「東明」を名乗りました。さらに後藤一乗の門下となり、「一斎」という工銘を授けられました。本作のような「粟穂(あわほ)」の意匠を得意としたそうです。価値ある二所物と思われます。「江戸住人守久」についてはよくわかりません。

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥0

商品コード:12073

SOLD OUT

サイズ:小柄20.5×1.4×厚さ0.5cm
笄20.8×1.3×厚さ0.3
時 代:江戸時代
銘有無:小柄袋・笄銘「荒木一斎東明」 小刀銘「江戸住人守久」
箱有無:箱あり