工芸家

河井寛次郎 「鉄砂筺」

12550
12550
12550
12550
12550
12550

寛次郎の若い頃の作品であると思われます。寛次郎の作品の中でもこのようなシンプルな箱の作品は珍しいです。そのまま飾るのも良いですが、アクセサリーなどを入れるのにもぴったりの大きさです。
状態も良く、大変オススメの品物です。

略歴
明治23(1890)年-昭和41(1966)年 島根県安来生まれ

濱田庄司や柳宗悦らと民芸運動を興し、「用の美」を追求した重厚・素朴な作風で、近代日本の陶芸界を牽引しました。
河井の作風は、中国古陶磁を模倣した綺麗な作品を制作した初期、民芸作家として従事した中期、そして独特な造形をもつ作品制作をした後期と、大きく分けて3回変化したとされています。
パリ万博のグランプリ受賞など国内外で高く評価されましたが、人間国宝や文化勲章の推挙も辞退し生涯無冠を貫きました。
また、陶芸だけではなく、彫刻、デザイン、書、詩、随筆などの分野でも作品を残しています。

代表作:「三彩果虫陶筥」、「三色打薬茶碗」、他

在庫状態 : 在庫有り

商品コード:12550

販売価格  ¥220,000

数量  

高さ(蓋込み)7.4cm×横10.2cm×縦7.5cm
高さ(蓋無し)5.8cm

銘有無:無し
箱有無:共箱有り
傷の有無:蓋裏部分にコボツ有り

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook
Instagram
YouTube

If you have any questions, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp