花器

小菅吼月作 花籠 評由

12729k
12729k
12729k
12729k
12729k

竹工芸家、小菅吼月の籠花入れです。
昭和7年新潟県に生まれた小菅吼月は父である竹工芸家の竹堂に師事し製作に励みます。
19歳にして新潟県展入選、24歳で日本花器茶器美術工芸展通産大臣賞を受賞とその技を磨き、昭和42年には政府買い上げとなった作品がジュネーブ日本大使館に展示されました。

昭和45年の大阪万国博覧会では、世界各国の来賓へ贈られる日本を代表する贈り物に選ばれています。

本作はちょうどその頃、昭和42年に作られた作品です。
極めて曲げに弱い素材の竹を緻密に編み上げ、柔らかな膨らみとくぼみの曲線が美しい仕上がりとなっています。
細やかな編み目に手を沿わせると、なめらかな手触りの中に竹の風合いが伝わる素晴らしい作品です。

小菅吼月の略歴などについては、下記のサイトでご紹介されています。
あわせてご参照くださいませ。
竹の美術館

在庫状態 : 在庫有り

商品コード:12729k

販売価格  ¥165,000

数量  

サイズ:最大径21 口径10.5 高さ30cm
時 代:昭和時代
銘有無:有り
箱有無:共箱有り
傷有無:共箱の蓋が僅かに反っています。

ご注文やお品物についてのご質問など、お電話やメールでも承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

mail : shu@shunet.co.jp
骨董会館直通: 080-7933-1122
受付時間 10:00〜18:00 火曜定休

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook
Instagram
YouTube

If you have any question, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp