工芸家

十三代酒井田柿右衛門作 濁手草花文六角花瓶

12723k
12723k
12723k
12723k
12723k

18世紀末に断絶してしまった濁手の技術を、父十二代柿右衛門とともに復興させ、その功績により人間国宝に認定された十三代 酒井田柿右衛門による作品です。

370年以上の歴史を持つ酒井田柿右衛門。
歴代の中でも十三代柿右衛門は、写生に基づく図案の創作をつづけ、伝統の中にも現代性を加えた新しい柿右衛門様式を確立したといわれます。

本作は濁手のあたたかみのある乳白色の地に四季の花々が描かれた花瓶です。
繊細な色合いと優しいグラデーションからは、花びらや葉の柔らかな質感が伝わります。

濁手の美しい地に花々が一際映える、気品溢れる作品です。

略歴などについては下記のサイトで詳しくご紹介されています。あわせてご参照ください。

柿右衛門

在庫状態 : 在庫有り

商品コード:12723k

販売価格  ¥950,000

数量  

サイズ:最大幅15.7cm 高さ24.2cm
時 代:昭和時代
銘有無:無し
箱有無:共箱
傷有無:無し

ご注文やお品物についてのご質問など、お電話やメールでも承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

mail : shu@shunet.co.jp
骨董会館直通: 080-7933-1122
受付時間 10:00〜18:00 火曜定休

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook
Instagram
YouTube

If you have any question, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp