日本の陶磁器

十三代今泉今右衛門 色絵薄墨草花更紗文香炉

12915k
12915k
12915k
12915k
12915k
12915k

十三代今泉今右衛門【1926年〜2001年】
1926年 12代今右衛門の長男に生まれる
1949年 東京美術学校(現芸大美術部)工芸科卒業
1974年 一水会陶芸展 審査委員となる
1975年 13代今右衛門を襲名
1976年 日本陶磁協会賞を受賞
1989年 重要無形文化財個人指定(人間国宝)に認定
1987年 日本工芸会常任理事に推挙される 日本伝統工芸展鑑査委員となる
2000年 日本工芸会副理事長に就任
2001年 死去
※この略歴は簡略化したもので、この他にも様々な賞を多数受賞しています。

十三代今泉今右衛門は染付吹墨・薄墨吹墨の技法を確立し代表作としておりますが、
その技法を全体に施して深みを表現した香炉になります。
全体に吹墨を施し色絵で葉を描き赤絵で花を表現したとても手間のかかっている作品です。

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥380,000

商品コード:12915k

数量  

サイズ:幅10×高さ10.5×厚み10cm
時 代:現代
銘有無:本体裏に彫銘「今右衛門」と有り
箱有無:共箱
傷有無:なし

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook
Instagram
YouTube

If you have any questions, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp