その他の海外

色絵紅毛筒水指

12384
12384
12384
12384
12384

「紅毛焼(こうもうやき)」とは、「和蘭陀(オランダ)焼」ともいい、江戸時代にオランダをはじめヨーロッパからもたらされた陶磁器の総称です。オランダのデルフト、イギリスのウェッジウッド、イタリアのマジョリカやフランス、スペイン、ポルトガル、さらに中近東諸国の陶磁器も含まれていたようですが、鎖国のもとで、長崎の平戸を通して交易を許されたのがヨーロッパではオランダだけだったため、すべてそう呼ばれました。

本作のように、太い輪郭線で莨(タバコ)の葉のような草花文を描いているものは、「紅毛莨葉文」と呼ばれており、当時、このように異国風の文様が、特に遠州流の茶人たちに好まれたようです。

This is an European ceramic ware which Netherlands ships brought to Japan in the Edo era. It was a water jar for the tea ceremony, and such an exotic picture was liked by Japanese masters of tea ceremony.

在庫状態 : 在庫有り

商品コード:12384

販売価格  ¥90,000

数量  

サイズ:口径10.5×底径8.5×高さ14cm
時 代:江戸時代
銘有無:無銘
箱有無:共箱

その他の画像をブログに掲載しましたので、こちらもどうぞご覧ください。
Please look at the other images on our blog.
http://blogs.yahoo.co.jp/shu_shuppan/16313957.html