工芸家

北大路魯山人 赤呉須コマ筋徳利

12601
12601
12601
12601
12601

美食家として知られる北大路魯山人の作品です。
落ち着いた渋みのある赤、小振りでコロンとした丸み、胴の部分に大胆に入った筋模様から、可愛らしさと凜とした美しさを持ち合わせたような素敵な徳利です。

徳利としては勿論、一輪差しとしても、持ちやすく使いやすく、飾り映えのするお品です。

略歴
北大路魯山人 1883(明治16年)ー1959年(昭和34年) 京都府出身 本名は北大路房次郎
画家・篆刻家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家など様々な顔を持つ芸術家

幼少期は複雑な家庭環境で育った一方で、10代半ば頃に書の才能を開花させました。その後、様々な縁により多くの書家や芸術家、資産家などと知り合います。
1921年に会員制食堂「美食倶楽部」、さらに1925年には「星岡茶寮」を発足し、自ら料理を振る舞う一方で、使用する食器も自ら創作するようになりました。
「食器は料理のきもの」という有名な言葉を残していますが、魯山人の料理と食器へのこだわりは並大抵のものではなかったと思われます。

在庫状態 : 在庫有り

商品コード:12601

販売価格  ¥280,000

数量  

サイズ:胴径8、底径5.5、高さ11cm
時 代:20世紀
銘有無:裏面に魯の銘有り
箱有無:無し
傷有無:無し

下記サイトでも商品や各店舗のご紹介をしております。
よろしければご覧になってください。
Facebook
Instagram
YouTube

If you have any questions, please feel free to e-mail us.
shu@shunet.co.jp