その他の海外

スワンカローク焼 鉄絵四耳蓋物

12458
12458
12458
12458
12458

スワンカローク焼は日本では「宋胡禄(すんころく)」と呼ばれるタイのスコータイ県、スワンカローク周辺で焼かれた陶器です。13世紀頃、スコータイ王朝のラームカムヘーン大王が中国から陶工を招いて作らせたのが始まりとされます。14~15世紀頃には輸出用に量産され、桃山時代から江戸時代にかけて中国を経て日本へもたらされました。茶人たちが愛用したことで知られています。

本作は、草花と動物のような模様の輪郭線を彫って、鉄釉で彩色しています。白地と褐色とのコントラストと表面のざらざらした感触が面白いです。17世紀頃、日本にやって来たものでしょうか? 蓋に欠けがありますが、良い状態で残った作品だと思います。

This is an old ceramic ware of Sawankhalok in Thai.

在庫状態 : 在庫有り

商品コード:12458

販売価格  ¥45,000

数量  

サイズ:口径7.5×胴径15×高台径7.2×高さ14cm
銘有無:無銘
箱有無:箱なし

その他の画像をブログに掲載しましたので、こちらもどうぞご覧ください。
Please look at the other images on our blog.
http://blogs.yahoo.co.jp/shu_shuppan/16544410.html